公明党 京都府議会議員 村井ひろし


村井ひろしの構想 - 7つのビジョン

村井は京都府南部をこう考えている!

構想01 三川合流の洪水対策

京都府南部の災害対策は、宇治川・木津川・桂川の三川の水害対策にあります。
宇治川の強化を根幹に、弥陀次郎川、堂ノ川、志津川、古川などの内水対策を進めていきます。 さらに琵琶湖の水を、瀬田川以外から安全に排出させる方法も検討開始です。

構想02 「お茶と万葉の旅」で”産業観光”施設を南部に

お茶産業を振興するとともに、「工場見学」を観光産業にしていきます。
お茶をつくる景観や南部にある産業施設、万葉集の歌碑などを活用すれば、関空からの誘客が可能です。

構想03 地域雇用たっぷり

中小企業の町、宇治、久御山に産業を創り、正規雇用を創っていきます。
京都縦貫道路の全線開通やJR奈良線の複線化が進み学研都市を持つ南部に、産業を創り、若者が働ける 町にしていきます。

構想04 子育てが出来る町づくり

子どもの医療費の支援で来年の9月を目途に、義務教育年代の無料化が実現します。
市町村と連携し、子育て世代の支援策がさらによくなっていきます。若者が結婚し子育て出来る町を創ります。

構想05 お年寄りが安心できる街

地域包括ケアという、医療、介護、福祉を一体で進める体制づくりを、めざします!
京都府は「かかりつけ医」をかなめにして創っていきます。身近で何でも知ってくれているお医者さんを創っていきます。

構想06 地域のあんしん安全

宇治警察署の建替え、久御山交番の新設が待ち望まれます。
これらを地域の安心ステーションにしていきます。

またドクターヘリによる救急医療充実や、高度医療が受けられるようにしていきます。

構想07 やりたいことが発見できる教育で豊かな人生

特色ある府立高校づくりをさらに進めます。
大学受験に強いだけでなく、個性とともにキャリア意識を育成できる教育環境を作っていきます。

村井ひろし